『これからの会社員の課題図書』田端信太郎

『これからの会社員の課題図書』
田端信太郎

目次
1、なぜビジネスパーソンが読書すべきなのか
2、自分を強くするための読書技法
3、田端信太郎の読書遍歴
4、令和時代を生きるための課題図書

読後の感想

リクルートでフリーペーパーのR25を立ち上げLINEの執行役員と、てっきりアピール上手なインフルエンサービジネスに長けた人かと、割り引いて手に取りましたが、ごめんなさい、最近読んだ本の中でも非常にいい本でした。
自分が、本書のターゲットど真ん中であることを考慮しても非常に読みやすくて、分かりやすい一冊です。

自分をきちんとブランディングすることを目指し、読書を武器と捉え、行動を促していく。
これからのビジネスパーソンが成功するために、基本に忠実な一冊で、いわゆる一発逆転を求める本ではありませんでした。

オンラインサロンには入りませんが、ファンになりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これからの会社員の課題図書 [ 田端信太郎 ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2022/7/17時点)

楽天で購入

 

 

印象的なくだり

ぼくが出している課題は、小学校での読書感想文のように、1冊を通読してどこが良かったかを書くというような宿題ではありません。
本はきっかけに過ぎず、あくまでもそこから自分が得たもの、考えたことをプレゼンせよ、という話です。
それに対して「時間がなかったので読めなかった」というのは言い訳になりません。
もし本当に忙しくて、1か月に5分間しか読書する時間がなかったのだとしても、その5分間で読める分だけを、あたりをつけて読み、それをもとに自分なりの考えを構築していけばいいわけです。(P.19)。

自分も部下に対して本を読むように諭すことが多いのですが、一番多い反論は「時間がない」というものです。
でも、時間がなければないで、ないなりにその時間でできることを出してもらえればフィードバックできるのに、と思っていました。
仕事を振る時だって、時間がないならないなりに成果物を求めるので当たり前のことでしたね。

「本を読んでも実際のビジネスに直接役立つことは少ない。だから本は読まない」という人もたまにいます。
その考え方もわかりますが、それは先に述べたように目の前しか見ていない考え方です。本の中から普遍的な知識、ものの見方、考え方など、今現在のビジネスにも援用可能なものを抽出できることはたくさんあります。
読書のビジネスへの効果としては、まず失敗をしにくくなります。
量子力学の父として知られるデンマークの物理学者、ニールス・ボーアの言葉に、「専門家とは、特定の領域において起こりうる、すべての失敗を経験した人である」というものがあります。
本を読んだからといって、確実に成功できるとは限りません。
けれども本を読めば、「こういうときに失敗しやすいのだ」「これは失敗パターンだ」というのは、確実にわかります。本を読んでいない人と比べて、失敗を先回りして回避できる。(P.27)。

1回目の夏しか経験してない人と、厳しい冬を越えた経験をした後に、次の夏を迎えた人とでは、ビジネスマンとしての強さが全然違うのです。(P.59)。

大事なことは公開情報の中に埋もれている
ビジネスでも、投資でも、ほとんどの大事なことは、公開情報の中に埋もれているのです。
それに気づけるかどうかが、成功者とそうでない人の差です。
よく、ビジネスや投資の世界で成功している人を見て、うまくやっている人は、特定の人しかアクセスできない秘密のインサイダー情報を持っているのだと言われますが、そんなものはありません。
自分が行動していないから、そういう幻想を持つわけです。
そうしないと、本当はみんなにチャンスが開かれているのに、自分は行動できなかったことを認めることになるからです。(P.201)。

この手の話を読むといつも思い出すのが、「ジパング」という漫画の一節です。
新聞に公開されているような何でもない情報を組み合わせて仮説を組み立て、真実にたどり着くというものです。
秘密のインサイダー情報みたいな、雲を掴むような話は現実には落ちていません。
誰でも手に入る一般的な情報をもとに考えを組み立て行動していく行かないのです(自戒を込めて)

もしきみが、誰かから「あなたのことがわかるように、自分を表すバンパーステッカーをつくってください」と言われたとして、思いつかなかったり、4ワードぐらいの短い表現にできなかったりしたら、きみにはまだ世間における「ポジション」がないということです。
そうであるなら、キャッチーで、周りからイケてると思われるようなきみだけの肩書を考えていこう、というのが本書のスタンスです。
たとえば、こんなものがあります。
まず、友達の知り合いのリストから、“クレイジーなやつ”を3人、ピックアップします。
この本では、名刺ホルダーの中から選ぶと書かれていますが、今であればSNSの友達リストでもいいかもしれません。
そして、その3人に連絡して、2週間以内に3人とランチします。
そのうえで3人に、「自分にもし、めちゃくちゃクレイジーな肩書をつけるとしたら何がいいか」を聞いてみる。
そこで出てきた肩書の中から、いちばん気に入ったものを、自分の名刺に使えばいい、といったような個性的なトレーニングです。(P.207)。

わたしくは「旅する読書家」ですが、最近旅していません。
肩書き詐称じゃないのか、、、。

『予知夢』

『予知夢』東野圭吾

読後の感想

前回の「探偵ガリレオ」に続くガリレオシリーズ2作目です。
前作がなかなか読みごたえがあっただけに、楽しみにしていたのですが、あれ?面白くない、ぞ。
そもそも物理的な見地から科学者が、一見不可能な事件を解決するのが売りだったはずなのに、全然設定が生かされていない。
しかも、「絞殺る」に至っては、なぜか人情噺になっている、落語か?
短編シリーズものなので、ハズレもあるとは思いますが、まだ作品の体系が確立していない時期の作品なので、次回作を期待して読み進めていきたいと思います。

目次

「夢想る(ゆめみる)」
「霊視る(みえる)」
「騒霊ぐ(さわぐ)」
「絞殺る(しめる)」
「予知る(しる)」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

予知夢 (文春文庫) [ 東野 圭吾 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2022/6/15時点)

『探偵ガリレオ』

『探偵ガリレオ』東野圭吾

読後の感想

特に理由はないけど触手が伸びなかった東野圭吾でしたが、会社の同僚からお勧めされたのでついに読み始めてみました。
読む前はもっと大学教授が主導的に解決する「森博嗣」的なものを想像していましたが、実際にはかなり警察組織の捜査が主体の流れでした。
シリーズものでなおかつつながりはそれほどないのですが、やはり出版順に読んだ方が楽しめると思い、まずは第一作目の「探偵ガリレオ」から。

5章構成ですが、中でもよいのは「第一章燃える(もえる)」「第五章離脱る(ぬける)」です。
ミステリィはネタバレが書けないので、小説の魅力を伝えるのは難しい。
しかも短編集だとなおさらです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

探偵ガリレオ (文春文庫) [ 東野 圭吾 ]
価格:759円(税込、送料無料) (2022/6/11時点)

楽天で購入

 

 

目次
第一章燃える(もえる)
第二章転写る(うつる)
第三章壊死る(くさる)
第四章爆ぜる(はぜる)
第五章離脱る(ぬける)

2022年はマレーシアのボルネオ島に行く準備をします

そろそろ海外に行けそう

COVID-19の影響で2年ほど行けなかった海外ですが、2022年もそろそろ行けそうになってきました。
まずは父方の曽祖父が亡くなったとされるマレーシアに行きたい。
自分の父親の母親の父親、正は、神奈川県で郵便局員をしていたそうです。
その後召集されて、軍属についていたらしいです。
正直、軍属としての郵便局員の仕事はよく分かりません。
おそらく内地への手紙の収集や、逆に戦地への郵便配達もあったのだろうと思う。もしかしたら検閲なども仕事だったのかもしれない。
私が正についてあと知っているのは、あとはカリマンタン島(ボルネオ島の旧称のこと)のテノム方面で亡くなったのだろう、ということだけです。

テノム方面とは、現在のマレーシア、サバ州、テノムのこと

この鉄道路線は、はっきり言って超上級者向けです。
またボーフォート(Beaufort)という街からテノム(Tenom)までは電車でかなりの難所のことで、乗り鉄的にもたまらない場所になっていそうです。
サバ州立鉄道の山線と呼ばれる、ボーフォートからテノムまでの50キロの路線。
2020年時点の情報では1日2往復しかなく、テノムからの終電はなんと13時。
しかもテノムはめちゃくちゃ田舎です。
これはトラブルとドキドキの予感がします(いい意味で

なお、現在はテノムはコーヒーの生産地としても有名らしく、コーヒー好きな自分とも縁と感じました。

まぁマレーシアは幸にしてGrabが使えるため、移動には正直困らないだろうと思っています。

もちろん課題は山積み

サバ州立鉄道には会津で使用されていた車両が使用されているなど、浅からぬ縁がありそうな予感がします。
まだまだクリアしないといけない問題は多そうですが、曽祖父がつないでくれたご縁もありそうなので、まずは2022年にマレーシアに行ってこようと思います。

スポンサーリンク

いつの日か、移住せずに、加賀市民になろう

 

石川県加賀市とは

人口約64000人、私の中では石川県というよりも福井県寄りの市というイメージの加賀市。

市内には片山津温泉、山代温泉、山中温泉と三つの温泉を擁し、あれ?というか温泉しかないのでは(特に秘す

そんな加賀市ですが、実はスマートシティ加賀市と銘打って、地方自治体の中ではいち早く電子を進めていく側面もあるのです(公式サイトの受け売りです)。

行政手続きの電子化に積極的な地方自治体

私は、職業柄、多くの地方自治体のサイトを閲覧するのですが、加賀市は比較的早くから行政手続きのオンライン化を進めていました。

特に2021年7月現在に、約100の行政手続きをオンライン化したことで話題になりました。

しかしながら、このオンライン化が逆の意味でちょっとだけ有名になってしまったのでした。

実は加賀市の行政手続きオンライン化の肝は、マイナンバーと連携したという「xIDアプリ」でした。

加賀市の電子申請は、マイナンバーカードと連携した「xIDアプリ」による本人確認を行うことで、マイナンバーカードに書き込まれている情報は、自動入力され、面倒な入力が不要となり、アプリ上で、本人確認・電子署名ができるため、ハンコによる捺印が不要となるなどの特徴があります。

そして、このアプリがちょっとだけ転んでしまったのでした。

https://www.city.kaga.ishikawa.jp/ijyu/4/7303.html

発端はITベンチャーと連携

そもそも、加賀市の行政手続きのオンライン化は「クロスアイディー」という会社との連携によって実現していました。

この「クロスアイディー」という会社はもともと「ブロックハイブ」という名前でした。

2019年に加賀市と「ブロックハイブ(現クロスアイディー)」が連携したのをきっかけに加賀市はスマートシティへの道を歩み始めたのです。

ところが、その先鞭をつけた「ブロックハイブ(現クロスアイディー)」のアプリが、個人情報保護委員会から「個人番号の収集にあたる可能性がある」と指摘を受けてしまったのです。

なお、公式サイトによると一度収集された個人情報はサーバから削除されており、また現在のバージョンはすでに改修が終わっているようです。

目指すはエストニアか、e-加賀市民という電子市民

というわけで、いろいろと紆余曲折あったようですが、加賀市は引き続きスマートシティを歩んでいくことでしょう、きっと。

個人的には2021年5月に発表された「e-加賀市民」という電子市民の試みが非常に興味深いです。

いわゆる戸籍に根差した「市民」ではなく、オンライン上の仮想住民のサービスで、国単位だとエストニアなどで行われている試みです。

https://www.city.kaga.ishikawa.jp/ijyu/1/7321.html

仮に仮想市民になればあれこれと特典があるようですが、今のところ実際に加賀市に行かないとメリットが享受できないようなので、その辺りはまだまだ改善の余地がありそうです。

残念ながら仮想市民のほうは2022年1月時点でもまだ登録ができないようですが、是非とも頑張ってほしいです。

https://www.city.kaga.ishikawa.jp/material/files/group/101/01.pdf

スポンサーリンク

とっぴんぱらりのぷぅ