『グリーンブック』(Green Book)

『グリーンブック』

題名は、黒人アメリカ人旅行者のガイドブック「黒人ドライバーのためのグリーン・ブック」ヴィクター・H・グリーン著。

あらすじ(wikipediaより引用)

ジャマイカ系アメリカ人のクラシック及びジャズピアニストであるドン”ドクター”シャーリーと、シャーリーの運転手兼ボディガードを務めたイタリア系アメリカ人のバウンサー、トニー・ヴァレロンガによって1962年に実際に行われたアメリカ最南部を回るコンサートツアーにインスパイアされた作品である。

鑑賞後の感想(ネタバレあり)
舞台は1960年代のアメリカ。

一番の心に残ったのは、トニーの心境の変化の描写が見事な点です。

最初、ドンとツアーに出る前は、トニーが黒人を差別する様子が描かれていました。
例えば、家に来た黒人の作業員に妻が水を出すと、そのグラスをこっそり捨てるなどです。
トニーはあからさまな差別主義者ではありませんが、その気持ちが表に出ない分、却って潜在的な(無意識的な)差別の気持ちが伺えます。

そのトニーが、ツアー中、ドンと接することで気持ちがどんどん変わっていきます。
元々手紙を毎日書くというマメで誠実さと体はデカいが気は優しくて家族思いな側面を持つトニーは、分かりやすくドンに影響されていきます。
一方、腕っぷしは強いが素直なトニーに対して、ドンも心を開いていきます。

実は、この映画の表面的な変化はこのトニーの心情に表れていますが、本当に伝えたいメッセージは、黒人であるドンも変わっていった点にあるのではないでしょうか。

この映画の中のドンは黒人でありながらも、黒人として育ってきていません。
いわゆる名誉白人的な印象を同じ黒人から持たれています。
農村地域で働く黒人たち同胞がドンに対する視線は、白人のそれよりも冷たくて厳しいです。
また、ドンは性的マイノリティでもありました。
人種的にも性的にもマイノリティであるドンの気持ちは、誰にも打ち解けないことで守られていたのでしょう。
カーネギーホールの上に住み、執事はいるが打ち解けていない様子、神経質で孤独な芸術家として自らの殻の中に入り身を守ることで、自尊心とアイデンティティを保っているように見えました。

そのドンの気持ちは、トニーに男娼を買ったところを見られたことで爆発します。
トニーだけには知られたくなかったと叫ぶドンは、分け隔てなく接してくれるトニーだけには差別されたくないという気持ちだったように思います。

そういったことで、トニーが変わっていくのは表面上のメインテーマで、実はトニーに釣られてドンも変化していっているところも肝だと感じました。

ドンは名誉白人なので、あからさまに差別される描写は少ないですが、食事を通じて、あちこちで白人の無意識の差別に合います。
その差別は主に「食事」を通じて描かれています。
今では全くそういった意図はありませんが、フライドチキンは元々被差別人種であった黒人のソウルフードでした。
比較的高級であった牛や豚を飼うことができない黒人であっても、扱える食材がチキンだったのです。
そして、可食部分が極端に少ない鶏肉を、余すことなく食べる方法がフライドチキンなのです。
だから、黒人=フライドチキンが好き、というのは事実でありながらも、差別的な要素を含んだ表現なのです。
例えば、黒人差別が激しい南部に行くと、白人たちがドンに提供する食事は見えない差別が感じ取れます。
黒人だからフライドチキンが好きだろうと、ドンの好みを聞くことなく押し付けるホストや、レストランに呼ばれて演奏するVIPなのに、そのVIPであるドンがそのレストランで食事を断られる不条理さなどが挙げられます。
「決まりなので」と無神経にドンを断る白人のボーイには、差別の意図はありません。
彼らにとっては黒人を断ることは当然で当たり前なのです。

このように全体的に重い内容で進みますが、時折クスリとさせられる場面はほっこりします。
それはケンタッキー州でフライドチキンを食べるところです。
トニーが運転しながらバーレルでフライドチキンをむさぼるシーンがあります。
「ドンがフライドチキンを食べたことがない」ということを知ったトニーはドンにフライドチキンを渡して食べるように勧めます。
おっかなびっくりフライドチキンを口にするドンはおいしそうに味わいます。
しかし、ある疑問にたどり着きます。
「食べた後の骨はどうすればいいのか?」。

トニーは、その問いに対して無言で車の中から外に骨を放り投げるのでした。
このシーンは全体的に重い主題の映画の中で、清涼感のあるほっこりしたシーンでした。
ちなみに、トニーは骨だけではなく、ドリンクのカップも捨ててしまいますが、これはドンに怒られて、車を止めさせられて拾いにいかされてしまいます。ここはこの映画で唯一笑えるシーンでした。

子供が大きくなったら見せたい映画でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

被差別の食卓 (新潮新書) [ 上原善広 ]
価格:814円(税込、送料無料) (2023/1/17時点)

スポンサーリンク

『15時17分、パリ行き』(The 15:17 to Paris)

『15時17分、パリ行き』(The 15:17 to Paris)

あらすじ
2015年8月21日に高速鉄道タリス内で発生したタリス銃乱射事件と事件に立ち向かった3人の若者を描く。監督は、クリント・イーストウッド。主演の3人は、実際にタリス銃乱射事件に巻き込まれた3人を本人役として起用している。キャッチコピーは『その時、3人の若者が乗ったのは運命の列車だった。』

観賞後の感想
クリント・イーストウッドが演出したので、みる前はわくわく。先入観なし。
94分の短いスピード感のある映画かな、と思って鑑賞し始めました。
しかしながら、実際のテロ事件のシーンは15分程度で、映画の大部分は、主人公たちテロリストを制圧した3人の幼なじみの生い立ちについて描かれていました。
登場人物に一人がなぜ軍隊に入ったのか、どうやって知り合ったのか、子供の頃の学校の評判などが、これ以上ないくらいに時間をかけて表現されています。
もちろん、登場人物のバックグランドを丁寧に描くことによって、その人物がなぜその行動を取ったのか、について納得感があり、演出としては非常に素晴らしいとは思います。
しかし一方で、背景を丁寧に描きすぎることに全体の大半を費やしており、実際の事件について尻切れトンボ感は否めない、と感じました。
回顧のシーンを観ている途中で「いったいいつ事件のシーンになるのだろう」と思っていましたし、実際に15分程度で終わったときは「え?これで終わり」とあっけないものを感じました。
映画館で観てたら「こんなの映画じゃない」とちょっと憤慨するかもしれないレベルかも。

ちなみに、本人役で本人が出演しており、映画というよりもドキュメンタリー、再現ドラマに近いです。

自分の仕事を「定義しなおす」こと

最近、富裕層の資産管理をすることを職業とする「ウェルス・マネージャー」を本を読みました。
日本だと余り一般的ではありませんが、富裕層相手にする仕事は、学びも多いため非常に興味を持って読んでいます。

まだ途中ですが、非常に自分の仕事に当てはまることがあったため、軽くまとめようと思います。

それは、最初の難関は「顧客から信頼されること」である、ということです。
財産を管理する仕事なのでてっきり租税知識とか為替知識かと思いましたが、そうではなく「信頼を得ること」が一番難しいとのことでした。
具体的には、まずは顧客からの信頼を得るために2年間の研修プログラムを経て、小さな約束を守ることを積み上げます。
そのような過程を経て信頼を得た後に、初めて資産を預けてもらえるのです。

しかし、信頼を得たあとは今度は「ウェルス・マネージャー」自身の職業的葛藤、自己矛盾が生まれるそうです。
どういうことかというと、ウェルス・マネージャーの大きな仕事の一つとして「どうやって顧客(富裕層)の税金の課税を回避するか」があるのですが、その課税回避をしたところで、社会的な名声や貢献が得られるわけではないのです。
その結果いわゆる「何のために私はこの仕事をしているのだろうか」的な感じになるそうです。
しかしながら、富裕層に共通する最大の心配事は「税金」なので、顧客の希望を叶えるならば、税金回避は必至なわけです。

そこで、その矛盾を回避するために、税金を「怠惰な貧困者に給付を行う目的の」「富裕層を狙い撃ちした国家の法外な要求」と定義しなおすのです。
そのうえで、「良い市民であるためには税金の仕組みを正しく知らなければならない」と、自分たちの仕事を正当化をしなければなりません。
そうしないと、自分の職業的矛盾に押しつぶされてしまう、ということです。

自分もたまに「なんのためにこんなことやってるんだろう」を焦燥感に似た虚しさを感じることが多々あるのですが、辛くなる時は、自分の仕事の定義を見直す視点も持ってみようと思いました。

どっとはらい。

スポンサーリンク



『デジタルライフ・モノワーカー』高澤けーすけ

『デジタルライフ・モノワーカー』高澤けーすけ

読後の感想

最近「物を捨てること」にはまっているので、「物に対するこだわりが読めるかな」と思って購入しましたが、ちょっとだけ期待値が高すぎて、楽しめない一冊でした。
例えば筆者は、他の単語や英語に翻訳していたのに「モノ」だけは日本語にこだわっていました。
第3章は「仕事を豊かにするマイフェイバリット・モノ」とあって、何らかの意味があって「モノ」を使っているのだろうと勝手に解釈しておりました。
しかしながら、最後まで読んでみて、特に言及がなかったことにずっこけた次第です。

この手の「自分の大好きな物」を発信する人は、「なぜ本にしたのか」を考えていただきたいと思います。
単なる物を紹介するのであればアフェリエイトも貼れるネット記事の方が絶対的に有利なわけです。
そうではなく、わざわざ本という媒体にして、この一品に対する思い入れを読みたかったのです。

とはいえ、親近感を持ったのは105ページの

「僕の場合は、このアイデア出しという作業だけは、どうしても手書きでないとできないのです」

という部分です。
自分の場合も、まさに紙でやっていたのですが、著者の場合はiPad miniのAppである「Good note5」を使っており、道具は別ですが、考え方の根底は似ているなと親しみを感じました。
手書きにすることでキーボードを打つことでは得られない、手と目が一緒にアウトプットするという体験を得られるというわけです。
Apple pencilとアプリで手書きするというのは非常にいい考えなので、私もGood note5とApple pencilを使おうと決めました。
(両方とも持っていましtが組み合わせて使っていませんでした)

またこれは「仕事を頼む側」の立場からは、納得感が高い文章は
203ページの「自分自身の媒体資料を作り」「媒体資料には案件に関する予算はもちろん、視聴者層や流入元など、最初のメールの時点では聞かれていないけど、あったら便利な情報を盛り込んでいる」という部分でした。
自分自身の媒体資料を作っておくと、仕事を依頼されるたびに発生する支払いなどの諸条件や、資料などの提供などを全て事前に省くことができます。
今はまだ自分自身の媒体資料を作る必要はないのですが、そのうち必要になったら作っておこうと心に決めました。

地道なわたくしの「楽天ポイントをためよう日記」

世の中には楽天経済圏なる言葉があるらしい。誰が流行らせたか知らないけど。

というわけで、最近楽天ポイントをポチポチと貯めています。
スマホにアプリを入れたりして、ようやく少しずつたまってきました。

そして、この楽天ポイント、どうやらこれは楽天証券経由で、投資信託を購入する際の現金の一部として利用できるらしい、と聞きつけました。
というわけで、私は現在ドルコスト平均法に基づいて毎週2回投資信託を購入しているのですが、その購入費用として利用しています。
ポイントのため方がまだまだ素人なので、週に40ポイント程度しか貯められないのですが、地道に貯めていて今日の段階でなんと6202ポイントになりました。
つまり、楽天証券経由で、6202ポイントを6202円に現金化できたということですね。
(しかし、その過程で「期間限定ポイント」は楽天証券で使えないことも知りました。)

ちなみに、本日時点で私の投資信託は残念ながらマイナスなので、まぁそういうことです。6000ポイントを足してもまだマイナスということは、楽天ポイントなかったらもっとマイナスだったということです。

ちなみに、楽天ポイントをためるために、手間と時間をかけて電力会社を変えたり必要ない物まで楽天市場で買い物をしたりするのは、本末転倒と思っていますので、引き続き何も努力をしないままポイントを貯めていこうと思っています。

どっとはらい。

スポンサーリンク