「じぶん史上、最高の夏」

「じぶん史上、最高の夏」

タイトルは、全国高等学校野球選手権大会2017年(第99回大会)のキャッチフレーズから引用。

2023年8月3日木曜日、私は「じぶん史上、最高の」体験をしました、もちろん悪い意味で。

予兆
予兆は前日の8月2日水曜日。
会社の部下2人と近くのフードコートあるマックにランチに行ったところまでは、そう、なんともなかったのです。
ちなみに食べたのはチーズロコモコセット。同行の2人は何ともなかったので、もちろんマックには何の罪もない。
ランチから戻ってきて、歯磨きをして、デスクに戻って仕事をして30分ほど、のあたりからなんかモヤモヤするなぁと思いはじめました。
わたくめは割と仕事中は、気が浮つきやすい性格であるのは自覚があるのですが、今日はそんな感じではないはずなんだけどな、モヤモヤ、あれ?ちょっと頭がぼーっとする、と思い、最近はめっきりご無沙汰になった非接触型体温計のある場所に移動するもなんと電池切れ。最近使っている人いないもんな、と思い、今度は別の場所にある接触型の体温計を探して測ってみると、なんと37.6度。

自慢ではないがわたくしは平熱がそんなに低くはないので、37.6度はちょっと高すぎる。いや、むしろ高い。微熱を越えて、がっつり発熱ではないか、と思い、よく見るとちょっと左手が震えてきている。あれ?本格的にヤバイぞ、これ、と直感的に感じ、後のことはさておきとりあえず帰宅することを決断(帰宅の決断はいつも早い)。
総務の方から冷えピタもらってピタッと貼って、勤務先のchat workに「とりあえず帰る」旨だけポストして、あとはまぁ自宅に帰ってからやればいいや、と思って会社を後にしたのが、別れの始まりだったとは、その時は知る由もなかったのでした(別に死んでない

わたくしの通勤は自動車なので、帰りはもちろん自動車なのですが(ここ笑うとこ)帰り道も割とフラフラで安定せず、2度ほど自動車自体に怒られる(自動ブレーキ、衝突回避装置の作動)などひどい運転でした。例えるなら、映画「ウルフオブウォールストリート」のジョーダン・ベルフォート (レオナルド・ディカプリオ)とまでは行かないにせよ、ブレーキが遅れて前の車との車間距離が近くなりすぎました。最近の車は賢いですね、早く自動運転レベル5の世界が来て欲しいものです。
今思えば運転は控えて、家族に迎えにきてもらうか、タクシーで帰るべきでしたね、ええ。

発症
というわけで、自宅に戻った瞬間ほっとしたのか、完全にダウンです。
19時に一度目が覚めて体温を計測すると、まさかの39.1度。こりゃあ明日は出社は無理だな、(自主的に)リモートにするかとのんきなことを勤務先のchat workにポストしていましたが、正直心の中では「これは今までのらりくらりと例の流行り病を避けてきたのに、こんな暑い時期になって、しかも5類になってから、世間の流れに遅れて今頃罹患した、みたいなオチなのか、と軽くショックを受けていました。思えばむしろこの時はまだ健全でした。
とりあえず、常備薬の解熱鎮痛剤であるバファリンプレミアムを飲み、ある程度効くだろうと期待しつつ、そのまま眠りについたのでした。

そして次に目が覚めるのは2日の夜中(つまり3日の早朝)です。しかも目が覚めたのは「頭が痛すぎて寝ることができない」という理由。寝ていても頭痛を感じるのか、なんてことを考えられる余裕はありませんでした。もう自分の頭で何かを考えようとしても考えられないくらい頭がガンガンしていました、体を横にすることもできない(なぜなら、頭がガンガンするから)、立ち上がることもできない(なぜなら、頭がガンガンするから)。すべての行動を制限するマジックワードである(なぜなら、頭がガンガンするから)を手に入れてしまったのです。
そしてついでに「のどの痛み」も手に入れてしまったので、新型コロナウィルス罹患の確定リーチがされてしまいました。
ちょっと痰がひどいのは事前情報とは違っていましたが、やっぱ新型コロナってしんどいんだなぁと、検査もしてないのに勝手に自己診断で確定したと思い込んでいました。
なお、もちろん熱も引き続き絶好調でアセトアミノフェンの大活躍をもってしても39.0度までしか下がっていませんでいた、つらっ。

地獄の1日
8月3日木曜日の朝から晩までの時間が本当に一番つらい時間でした。
横になってもダメ(寝れない)、立つことはもちろん無理、本も読めない、ネットも動画も検索する気にならない。とりあえず発症はしたのであればのこのこと抗原検査キットを買いに行けないので、夜になったら細君に救急診療に連れて行ってもらうことになりました。

そして、自宅で抗原検査キット(いわゆる鼻スワブ)をやった結果、なんとまさかの「陰性」って、あれ?。この検査方式は、何度も何度もやったのでいまさらやり方を間違えるはずもなく、「陽性」を確信していたのに、全然外れちゃいました。
まぁむしろ喜ばしいことかもしれませんが、結局わたくしの手元に残ったのは「陰性の検査結果」と「引き続き39度台をキープする高熱」と「痰が止まらない喉痛み」、そして「すべての行動を制限する頭ガンガン」だけになってしました。
この時点で8月3日の夜21時、「新型コロナウイルス検査結果は陰性」という結論だけ得て一日が過ぎてしまいました、とほほ。

あ、そうそう、タイトルにある「じぶん史上、最高の夏」とは、8月3日木曜日13時51分に、わたくしが観測した記録の残る最高の「39.9度」を記録してしました、ということでした。
意識朦朧として撮ったので、いまいちな写真ですが、記念に一枚パチリ(「愚か者めっ」「余裕あるんじゃねーか!!」というご意見は、賞賛としてお受けいたします)

快方
翌日の8月4日金曜日、とりあえずなんとかしないとどうしようもないのでガンガンしている頭でムムム考えた結果、2020年にも似たようなことがあって、そのときは溶連菌だったな、と思い出しました。一般に溶連菌って保育園児・幼稚園児がかかる病気として認識されていますが、実は大人もかかりますし、なんなら大人がかかると地獄です、そしてその地獄を2020年に経験していたのでした(そしてすっかり思い出せなかった
調べてみると「大人の溶連菌」の特徴的な症状は、「高熱」「のどの痛み」「発疹」の3つとのこと。
わたくしの場合「発疹がでていない」ので、67パーセントしか合っていないのですが、前日の新型コロナの確定リーチも外すほどの自分の判断力の低下に、そんな細かいことは考えられず、朝の9時になって近所の耳鼻咽喉科クリニックへ向かい電話しました(戦略なき戦術の転換は失敗の始まり)。
ちなみに8月2日に自宅に帰って、この時点までは、のどが痛くて固形物が食べられず、ずっとゼリーばかりを飲んでいました。主食はゼリーとポカリで、食事も取れず、食べられない方が先に参ってしまいそうでした。

電話口で看護師さんと少し問診をして、コロナは陰性だったこと、過去に溶連菌の陽性だったことが合って、今回の症状が似ていることを申し出て、溶連菌検査を希望することを伝えました。その後ドクターと問診、まず喉をみてもらい第一声が「う~ん、この腫れ方はコロナじゃないね」と陰性の追撃を頂きました。そのうえで「のどの腫れと痰がひどいので溶連菌の可能性は十分にあるでしょう」ということで、溶連菌の検査をすることになりました。

そして、溶連菌検査の結果は「陰性」、、、。ドクターもあれって表情で溶連菌のサインは出なかったので、溶連菌ではないんだけど、まぁのどの腫れの症状から、のどがなんらかの感染症にかかって炎症を起こして発熱したんでしょうね、とのこと。

というわけで、めでたく診断も(ある程度)確定し、対応方針も確定したので、薬局で薬を貰い、粛々と回復に向かいました。
金曜日の夕方にはオンライン会議に出るなどの急激な回復も見せて、まさに「のどもとすぎればなんとやら」って感じで現在を過ごしております。
ただ、固形物が食べられるようになったのは、もう一日後の8月5日土曜日の夕食からでした。のどの痛みは最後まで残り続けました。

やっぱり健康が一番大事ですね(心からそう思います

どっとはらい

スポンサーリンク

私たちまだ友達だよね

タイトルは、さよならポニーテールの楽曲「わ〜るど(みたいな)」の中の会話パートのセリフより抜粋。
世界で最も切ない会話の一つだと思っています。タイトルと本文は関係ありません。

定期的に訪れる「どっか行きたい」欲。
航空券が高い時期、いわゆるハイシーズンが8月なので、そこは避けると9月が最有力候補。
ちょうど一年前の2022年9月にはマレーシアに行ってきましたが、国によっては9月は、まだ微妙に雨季に入っているんですよね。確かに湿度が高く、閉口しました。

とはいえ、そろそろ「高いところ」に行きたくなってきたので、楽して高いところまで行く方法を考えました。
というわけで、目的地はベトナムと中国の国境近くにあるファンシーパン山(標高3143メートル)です。
そしてなんと山頂まではほぼ登山をすることなく、登山鉄道とロープウェイとケーブルカーだけで行くことができるのです(ドヤッ
ちょっとだけ心配なのは、記憶にある限り高いところで過ごしたことがほとんどないので高山病の対策だけしていこうと思います。

方法としては、まずハノイから電車で数時間のところにあるサパ市というところに行きます。
サパ市内にあるサパ駅からムオンホア駅というところまでは登山鉄道で6分ほどで行ける様子。調べたところ、この登山鉄道はドイツのドッペルマイヤー・ガラベンタ・グループ製らしい。初めて乗るのでワクワクする。
そして今度はムオンホア駅からファンシーパン山まではケーブルカーいわゆるロープウェイに乗り換えます。
(ややこしいのは、日本で言うロープウェイは、世界ではケーブルカーという表現をします)
そのケーブルカーは、延長6,292.5m、高低差1,410mということで(6キロもあるんかい)こちらもドッペルマイヤー・ガラベンタ社。
速度は28.8km/hで、終点のファンシーパン駅まで行けます。
最後に、ファンシーパ駅から山頂までは鋼索鉄道で行くことになりますが、これはかなりの急角度で登っていく様子でした。

パッと調べただけでかなりのことが分かりました。
日本語サイトだけではなく、英語のサイトもかなりヒットしたので、英語圏の人にもかなり人気のあるスポットなのではないでしょうか。
マレーシアのテノムに行った時の、北ボルネオ鉄道に比べたら超余裕です(あのときは時刻表すら見つからなかった)

というわけで、9月にベトナムに行ってきます(多分

どっとはらい

スポンサーリンク

歩こう 歩こう わたしは元気

タイトルは、映画「となりのトトロ」のオープニングテーマ「さんぽ」」から。

2023年3月に運動不足の解消に1日10,000歩を目標に設定しました。
目的達成のための第一歩は数値化です。

iPhoneだと歩数を自動的にカウントしてくれます。
APP「ヘルスケア」>「ブラウズ」>「アクティビティ」

数値化して目標を達成するためのロードマップを見える化してみました。

そして、道具です、つまり【ツール】をそろえることです。
・歩きやすい靴、具体的にはスニーカー
・寒くもなく、暑くもない服装
・AirPods
・安全用のライト
・Apple watch
・iPhone

現状は、
2023年1月平均5,349歩(2022年同月実績5,623歩)(昨年比-274歩)
2023年2月平均6,658歩(2022年同月実績6,589歩)(昨年比+69歩)
2023年3月平均7,296歩(2022年同月実績7,249歩)(昨年比+47歩)
2023年4月平均8,656歩(2022年同月実績6,156歩)(昨年比+2500歩)
2023年5月平均XXXX歩(2022年同月実績6,082歩)
2023年6月平均XXXX歩(2022年同月実績6,225歩)
2023年7月平均XXXX歩(2022年同月実績6,582歩)

と、かなり歩数は増えてきたものの目標までかなり遠い状況です。

スポンサーリンク

公正取引委員会の確約手続

タイトルは、公正取引員会が平成30年に導入した新しい取り組みのことです。
TPP締結に伴い、関連法を整備する過程において設けられた手続きだそうです。

ダイコクドラッグのニュースで「確約手続」という、よく知らない手続きがあったので調べてみました。

公正取引委員会は、株式会社ダイコク(以下「ダイコク」という。)に対し、独占禁止法の規定に基づき審査を行ってきたところ、同社の後記3の行為が独占禁止法第19条(同法第2条第9項第5号(優越的地位の濫用))の規定に違反する疑いが認められた。公正取引委員会は、当該行為について、確約手続に付すことで、ダイコクによって当該行為が排除されたことを確保するために必要な措置が速やかに実施されることにより、競争の早期回復が図られると認め、令和5年2月24日、同法第48条の6の規定に基づき、同社に対し確約手続に係る通知を行った。
 今般、ダイコクから、公正取引委員会に対し、同法第48条の7第1項の規定に基づき、後記3の行為が排除されたことを確保するために必要な措置の実施に関する確約計画の認定を求める申請があった。公正取引委員会は、当該確約計画は当該行為が排除されたことを確保するために十分なものであり、かつ、その内容が確実に実施されると見込まれるものであると認め、本日、同法第48条の7第3項の規定に基づき、当該確約計画を認定した(注1)(注2)。
 なお、本認定は、公正取引委員会がダイコクの後記3の行為が独占禁止法の規定に違反することを認定したものではない。

https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/2023/apr/20230406dai2.html

通常、公正取引員会は、独禁法などの違反者に対しては、調査、意見聴取などの慎重な手続きを経たうえで、排除措置命令又は課徴金納付命令などの「法的措置」を課します。
しかしながら、確約手続だと、違反者が自ら違反行為をやめ改善に取り組むことに合意した場合に限り、公正取引委員会は「法的措置」を免除するというものです。

法的措置に比べると、確約手続のメリットは「問題是正の早期化が図られること」「公正取引委員会と事業者が協調すること」「法的措置を避けつつも問題の解決が図られることで法の効率的な執行ができること」があります。
一方、デメリットとしては、「既存の独占禁止法の考え方との平仄を合わせること」「法運用の透明性や違反者の予見可能性を担保する必要性」が新たに必要になりました。

具体例として、楽天トラベルの事例があります。
楽天トラベルは、加盟するホテルや旅館に対して、楽天トラベルサイトでの宿泊予約が最安値となるように要求をしていました。
こういった要求は「同等性条項」と呼ばれています。
つまり、シェアの大きな会社が相手側に義務づけると「拘束条件付き取引」にあたり、独占禁止法違反になるというものです。

これに対し、公正取引員会からの調査があった後、楽天トラベルは、通常の手続きではなく、確約手続を選択しました。
その結果、法的措置だと約17か月かかるところ、楽天トラベルから自主的に確約計画を作成、申請し、公正取引員会がそれを認定したので、処理までたった4か月で済みました。
その上、楽天トラベル側には行政処分は科されないということで、いいことづくめなように見えます。
(もちろん楽天トラベルが自分で確約計画を立てて守らないといけないので、一応の負担ではあるが、法的措置に比べたら、ということ)
あと、確約計画も途中で実施していないことが分かれば、取消となり通常の法的措置に進むため、ある一定の拘束力はもちろんあります。

イメージとしては、アメリカの訴訟で見られる司法取引に近いかもしれません。
行政手続きに対しても、このような取引的な要素が入ってくるのは、自由主義の観点から喜ばしいことのようにも思います。

どっとはらい。

https://www.jftc.go.jp/dk/seido/kakuyaku.html
スポンサーリンク

予定のない日曜日はサイコーです

予定のない日曜日はサイコーでした。

というわけで、午前中は掃除と勉強でダラダラ過ごしました。
掃除はといえば、昨日途中になっていたベランダの埃を掃除しました。
風雨にさらされていて硬くなっていたので、まずは水で洗い流して、一箇所にまとめてこすり取りました。
綺麗になったので満足。これで春にかけてベランダで読書が楽しめる環境ができました。

午後から細君と選挙行って買い物行って、それでもなお運動が足りなかったので、小一時間ほど散歩に行きました。
耳にはAirPodsで本を聴きながら散策。
いま読んで(聞いて)いる本は、『世界を見てきた投資のプロが新入社員にこっそり教えている驚くほどシンプルで一生使える投資の極意』加藤 航介著です。
そんなに期待値高くなかったのですが、今までの本とは違う視点が提示されていて、掘り出し物的にいい本かも。
続きもちゃんと読もうと思いました。

なお、約一時間のウォーキングで今日の歩行距離は合計8.6km、約12000歩です。
今履いているスニーカーがちょっとヨレヨレになってきたので、来週台湾に行く前に新しいスニーカーを新調しようと思います。

夕方から来週の台湾のスケジュールを作成しています。
今回は昼過ぎの13時ごろに到着なので、1日目昼食、夕食、2日目朝食、昼食、夕食、3日目は早朝出発なので、朝食取れるかな、、、、という感じ。
前回2018年に訪台したときに何度か行った薬膳屋さんがコロナ禍で閉店しているようなので、ショックでした。
ガチョウを中心に、美味しいものを食べてきます。

スポンサーリンク